上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさま、モツカレー。

我が「ちょいワルハウス」は、昨日、今日とメンテナンス祭りでした。

昨日は電気系。
HPの「家を建てる」の「1年住んでみて」で記載した、洗面所の照明の取替えと、先日の台風で我が家だけが 停電 しているという、困ったことがおきたので、その調査をしてもらいました。

まずは洗面所の照明の取替えから
照明交換

土台から一式取り替えてもらいました。
後はまた様子見です。
これで落ちなければよいのですが、構造的な気がしてなりません。
(だって上がトイレで、扉の開け閉めを行うから、その振動で落ちるんじゃないの?って、おくさんは思ってます)

次は停電の原因究明。
基本は「配電盤のチェック」らしいです。
配電盤

停電当時はブレーカはー落ちていなかったし
配電盤を触ってはいません。

中身を確認しても異常はないということで
次は電気メーター周り。

電気メーター


結局こちらも異常なし。

ということで原因不明(爆)
あとは中部電力の持分になるみたい。

メンテナンス後、大成建設さんに原因不明でしたと電話をすると
次回、そういう風になった場合は「正確な時間を記録しておいてください」とのこと。

でもさ、たまに寝てる間に停電で予約がクリアされてる時あるんだよね・・・。


で、翌日メンテナンスに現れたのは「INAX」。
こちらはトイレ。
我が家のトイレたまにリモコンで流れないときがあるんです(泣)。
1回目にボタンを押すと、流れるかなーと思いきや、「ガボッ」って止まっちゃうんです。でも2回目はちゃんと流れるんですYO。

前から気にはなっていたのですが、
今回ついでにみてもらうことにしました。
でもINAXに直で電話しました(爆)
だってその方が話が早いと思ったんだもん(笑)
案の定早かった(笑)
土曜日の夕方連絡して、来てくれたのは翌日(本日)の朝9時半頃。
電話対応もすごく早かった。さすがINAXって感じでしたよ。

まず見てもらったのはよく使う2階のトイレ。

トイレメンテナンス


それから3階、1階。全てのトイレを見てもらいました。
トイレが3つある家は珍しいみたいでしたよ・・・。

で、丁寧に原因を説明してもらいましたよ。
まずはこちらのトイレ構造図を見てください。

水の排出を調整する「フロートゴム玉」というのがあるのですが、
使用頻度が低いと、このフロートゴム玉が押さえつけられ、浮上しにくくなってしまうそうです。そうすると本来のゴム玉が浮力で浮上する位置まで引っ張る力では、力が足らず、このゴム玉があがりきらずに途中で落ちてしまい、水を止めてしまうという現象がおきるそうです。
これに当てはまるのが「1、3階のトイレ」でした。

じゃあ「2階のトイレ」は?
というと、これまた原因が違っていまして。
「フロートゴム玉」と「洗浄ハンドル」を結ぶ「玉の鎖」がありますよね。これが新品から1年ほどかけて伸びるそうなんです。一つ一つの鎖が0.1mm伸びたとしても30個以上あるので、全体で3mmは伸びる計算になります。これは金属の「遊び」の部分で発生するみたいです。
で、この伸びが、ゴム玉を引っ張る力に設定してある初期設定より「たるみ」が生じているので、ゴム玉を引っ張りきれずに、以下同上で、「ガボッ」ってなってしまうそうです。
こちらは長さの調整をして頂きました。

どちらの場合も手でハンドルを回す分だと
人間がちょっとの変化を感知して
強めに回したりするので問題なく流れるそうです。
人間ってすごいね。

最後は携帯端末でメンテナンス内容を入力し、
携帯プリンタでメンテナンス報告書をプリントアウト、
ご苦労さまでしたと印鑑を押してサヨウナラです。
それが多分、本社システムとつながっていて
業務報告にもなるんでないでしょうか?
一石二鳥のシステムですな(想像だけど)。
さすがはトップを走る企業だけはありました。
みなさんも一度お試しあれ(笑)



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://motsu2.blog54.fc2.com/tb.php/144-5fbbd819
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。